プレスブレーキ曲げ角度測定

アイリス・プラス角度測定システム

精密板金加工、特に曲げ加工において、正確な角度測定と補正は不可欠です。IRIS Plusは、この分野で最も困難なアプリケーションのために特別に設計された最先端のシステムです。この先進的な装置には、レーザー送信機と受信機のセットが装備されており、プレスブレーキの上部ビームに取り付けられます。さらに、IRIS Plusは高速デジタルカメラと画像データ処理システムを受信ユニットに内蔵しています。これらのコンポーネントがリアルタイムで連動することで、曲げ角度の測定が正確に行われ、必要な自動補正が迅速に実行されます。
8mmから35mmまで、さまざまなV開口部にさまざまなダイを組み合わせることができる。
最も最適な精度結果(3.6メートル以下)
ワークと衝突しない
開口部のあるワークの測定が可能
IRIS Plus リアルタイム角度補正 最も要求の厳しいアプリケーションのための重要な装置。
非接触の角度測定原理により、過酷な状況下でもシステムの信頼性を保つことができます。
お見積もり
アイリス・プラス角度測定システム

レーザーチェック角度測定システム

Data-M Engineering社との提携により、iMeasureレーザー角度測定システムは、1回の曲げ加工で正確な曲げ角度を測定します。この全自動レーザーアシストシステムは、CNCプレスブレーキ用に設計されています。レーザーチェック機能により、材料の特性や厚さに関係なく、0.1°以上の精度で正確に曲げ角度を決定することができる。このレベルの精度は、以前は業界で入手不可能でした。
可変作動距離
金型幅60mmまで調整なし
自動高さ補正
GigE経由の高速画像転送
Sマウントレンズ(低ディストーション/固定焦点/固定絞り)
測定範囲 0°~180

先進的だ:

シートメタルの表面にレーザービームを照射する。
カメラがレーザー光線を検出
ビームとカメラ軸の間の角度が曲げ角度を決定する。
力の軽減+スプリングバックの計算
自動角度補正
お見積もり
レーザーチェック角度測定システム

曲げ角度測定カタログ

LaserCheck Bending Angle MeasurementとLazersafe PCSS IRIS Plusのカタログをダウンロードするには、以下のリンクをクリックしてください。
レーザーチェック曲げ角度測定レーザーセーフPCSS IRISプラス
曲げ角度測定カタログ

お客様

以下の大手ブランドが当社のマシンを使用している。
お問い合わせ
お客様のシートメタル製品にどの機械が適しているかわからないですか?当社の知識豊富な営業チームが、お客様のニーズに最適なソリューションをご案内いたします。
専門家に聞く