レーザーカッターはいつ発明されたか:年表による紹介

お問い合わせ
私達に製造業で20年以上油圧プレスブレーキ、せん断および繊維レーザーの打抜き機がある。あなたの薄板金製作プロジェクトのための即刻の引用を今得なさい!
無料お見積もり
発行日 4月 25, 2024

I.はじめに

レーザー切断機の開発は、現代の製造業における革命的な進歩である。初期の手動切断から機械切断、そして現在の高精度レーザー切断に至るまで、切断技術の進化は生産性を向上させただけでなく、材料加工の境界を拡大した。

レーザー切断機の登場は、現代の製造業がまったく新しい時代に突入したことを示すものであった。そのユニークな作業原理と卓越した性能により、レーザー切断機は加工業界を大きく変えた。

レーザーは極めて微細で高密度の光線であり、材料を数秒のうちに極めて高温に加熱して、精密で迅速かつ非接触の切断を実現することができる。

この切断方法は、金属、プラスチック、ガラス、木材など複数の素材に適用可能で、素材形状や加工の複雑さの制約を受けないため、設計や加工の可能性が大きく広がる。

したがって、レーザー切断機は、現代の製造業にとって重要なツールであると同時に、産業の一貫した革新と発展を後押しする極めて重要な切断技術でもある。

以下のコンテンツでは、レーザー切断機の発展の歴史を年表に沿って紹介し、その動作原理、応用分野、将来のトレンドについて説明する。

II.レーザー技術の起源

初期の概念と理論的基礎

1917年、アルベルト・アインシュタインによる誘導放出理論。

1910年代までさかのぼると、レーザー切断技術の理論的基礎は、アルベルト・アインシュタインが1917年の論文で提唱した誘導放出理論にある。 放射線の量子論について。 誘導放出はレーザー発生の基本的な物理プロセスである。

誘導放出では、すでに励起状態にある原子が、その遷移エネルギーに等しいエネルギーを持つ光子を吸収し、刺激を受け、同一のエネルギー、周波数、位相、偏光方向を持つ2つの光子を放出する。

1960年、セオドア・マイマンが最初のレーザーを開発。

アメリカの医師セオドア・ハロルド・テッド・マイマンは、1960年にアメリカのヒューズ研究所で世界初のルビーレーザーを開発した。

これは合成ルビーを利得媒質とする初のルビーレーザーである。マイマンの功績は、アインシュタインの理論の現実応用の可能性を証明し、レーザー技術を新時代へと導いた。

最初のレーザーカッターの開発

レーザー切断の最初の実験は1960年代初頭だった。

の開発 レーザー加工機 1960年初頭、科学者たちがレーザーによる正確な切断の可能性を盛んに研究していたころに、レーザーは始まった。当時の実験は、特に金属や非金属の材料を切断するために、高出力密度をいかに利用するかに主眼が置かれていた。

ベル研究所でのクマール・パテルの仕事と、最初のCO2レーザーカッター:「CO2レーザーカッターは、ベル研究所で開発された。

クマール・パテルのベル研究所での仕事は、レーザー切断機の普及にその役割を果たした。1963年にパテルによって発明された最初のCO2レーザーは、金属の切断や溶接において高い効率と精度を誇り、業界で最も受け入れられるレーザーの一つとして登場した。

CO2レーザーの発明は、レーザー切断技術の実用化を画期的にし、その後の技術開発と応用拡大のための強固な基礎を築いた。

初期のレーザー切断実験は、材料加工におけるレーザーの大きな可能性を示しただけでなく、医療、通信、製造など多くの分野での応用への道を開いた。

レーザー切断技術が発展するにつれて、レーザー切断機は現代の製造業に欠かせない工作機械の1つとなっている。

III.レーザー切断技術の初期進化

1970年代の技術向上

業務用レーザー加工機の紹介:レーザー加工機

1970年代、レーザー切断技術は目覚しい進歩を遂げ、実験室での研究から実用的な産業応用へと発展した。

商業用レーザー切断機の出現は、高精度で効率的な製造工程の全く新しい方法を提供した。初期のレーザー切断機は、主に金属、プラスチック、木材を含む複数の材料を扱うことができるCO2レーザーを利用していた。

主な動向と製造業への影響:製造業への主な動向と製造業への影響

レーザー切断機の導入により、製造業は複雑なパターン切断を実現し、製品の品質と生産の柔軟性を向上させ、材料と加工時間の無駄を最小限に抑えることができる。

レーザー切断機の開発、特に精密加工と迅速な試作は、製造業の近代化を大幅に加速させ、生産性と製品品質を促進し、新素材と新製品の探求の機会を提供した。

1980年代と1990年代の進歩

CO2レーザーからファイバーレーザーのような先進的なレーザーへの移行:CO2レーザーは、ファイバーレーザーのような先進的なレーザーへの移行を意味する。

テクノロジーに後押しされ、レーザー切断技術は1980年代から1990年代にかけて急速に発展した。当時、レーザー切断機は従来のCO2レーザーから、より高度なレーザータイプ、例えばファイバーレーザーに移行していた。ファイバーレーザー切断機は、高効率、低メンテナンスコスト、プレミアムレーザービームにより、この分野で新たな人気機種として登場した。

ファイバーレーザー切断機の導入により、銅やアルミなどの反射材加工の効率が向上し、厚板切断のスピードと品質が向上した。

注目すべきイノベーションと各業界におけるその応用例:「イノベーションとは何か?

1980年代から1990年代にかけて、レーザー切断技術の進歩は目覚ましいものがあった。この時代には、切断精度や速度、自動化操作の面でも機械の改良が進んだ。

これらの技術革新は、航空宇宙、自動車製造、電子機器、医療機器製造など、いくつかの分野でレーザー切断技術の用途を拡大した。これらの産業で、この技術がどのように使われたのか気になるところだと思う。記事の長さに限りがあるため、簡単に紹介し、第4章で詳しく紹介したい。

自動車産業や電子機器製造業を例にとると、レーザー切断機は、自動車のボディ部品を製造し、カスタマイズされたデザインを実現するために、高速かつ精密な方法を提供する。電子機器製造分野では、回路基板や小さな部品を正確に加工するために切断技術が活用された。

一般的に言って、レーザー切断技術は製造業の近代化を大幅に後押しし、製品の品質と生産性を向上させ、将来の革新と革命の機会を業界にもたらした。

IV.最新のレーザー切断機とその能力

レーザー切断機

レーザー切断の革新

技術の発展に伴い、人工知能と自動化はレーザー切断とますます深く融合している。例えば、AIを活用して切断パラメータを最適化し、切断効率と精度を向上させることができる。確実なのは、レーザー切断機の先進性が今後数年で複数の分野で提示されるということだ。

AIとオートメーションの統合:AIとオートメーションの統合:AIとオートメーションの統合:AIとオートメーションの統合:AIとオートメーションの統合

人工知能とオートメーションの統合は、レーザー切断業界に破壊的な変革をもたらした。なぜ、どのようにしてこの巨大な変革を実現したのか、ご存知だろうか。私の表面的な意見を述べたい。

AIはアルゴリズムの助けを借りて切断経路を最適化し、材料の無駄を減らし、切断効率と精度を向上させることができる。自動化に関して言えば、自動化技術がレーザー切断手順の効率化を可能にし、手作業を最小限に抑えることは明らかだ。

連続生産ラインでは、自動車用レーザー切断は人の監視から解放されるため、生産性が大幅に向上する。

今後の動向と可能性

将来、レーザー切断技術はより正確で、十分で、柔軟なものになるだろう。レーザー技術の発展に伴い、より多くの分野に適応できるよう、小型でありながら効率的なレーザー切断機が近い将来発表されるだろう。

さらに、材料科学の発展により、レーザーカッターは高反射材料や非常に硬い材料など、より幅広い材料に対応できるようになり、用途が広がっている。

ファイバー・レーザー技術の台頭

ファイバーレーザー切断機の進歩は、高度なレーザー切断技術とますます高まる産業需要の賜物である。高い精度と効率という強みを持つこれらの不思議な機械は、航空宇宙、自動車、電子機器などで広く使用されている。それでは、マシンのビデオをお楽しみください。

ファイバーレーザー技術の紹介と発展

ファイバーレーザー切断機は、レーザー加工機の一種として、主にレーザーに依存して仕事を成し遂げる。従来の切断技術では困難であった高硬度、高融点の材料の加工が可能である。

レーザー切断技術は、19世紀にレーザーが発明された瞬間から欧米諸国で急速に発展した。しかし、レーザーカッターは業界のリーディングマシンとして、ものづくりの新時代を切り開くべく広く研究され、更新されていった。

やがて2014年、アマダHDアマダHDは、薄物から厚物までマシンを止めることなく連続加工できる技術「ENSIS」を開発し、ファイバーレーザー切断機の柔軟性と効率性をさらに高めた。

世界的な市場規模の拡大 ファイバーレーザー切断機2022年に1,866億6,000万ドルに達したことがそれを物語っている。2031年には2,895億6,800万ドルに達し、予測期間中の複合年間成長率は5.0%に達すると推定されており、レーザー切断機の市場が繁栄していること、レーザー切断技術の将来が有望であることを示している。

旧来のシステムに対するファイバーレーザー技術の利点:

ファイバー・レーザー切断機は、現在のレーザー切断市場の中核をなすものとして、従来の切断方法よりも優れている。

まず、ファイバーレーザー切断の電気光変換効率は30%を超え、従来のレーザー切断機の10%前後よりはるかに高い。つまり、同じエネルギー消費量であれば、ファイバーレーザー切断機はより高い出力を可能にする。

第二に、ファイバーレーザー切断機は、メンテナンスコストが低く、定期的な光路調整やレンズ交換が不要で、耐用年数が長く、安定性が高いため、企業やメーカーに支持されている。

ファイバーレーザーカッターは、より高級なレーザービームを使用することで、より精密な加工と切断を可能にする。

さまざまな産業への進出

様々な産業におけるレーザー切断の採用:

今日、レーザー切断機は、航空宇宙、自動車製造、エレクトロニクス分野で広く使用されている。この魔法の機械が製造業をどのように変えるのか、考えてみよう。

航空宇宙産業では、ファイバーレーザー切断機は、複雑なモーターや軽量構造部品の製造、翼、胴体、内部サポートなどの金属や複合材料部品の切断に使用される。全工程において、これらの材料は高強度合金や複雑な形状であることが多い。

自動車業界では、レーザー切断機は、車体部品、シャーシ、排気装置、その他の主要部品を正確に切断するために使用されることが多い。

エレクトロニクス業界では、レーザー切断機は微小かつ正確な切断を可能にし、スマートフォンやマイクロセンサーなどの回路基板やマイクロエレクトロニクス部品の製造に広く使用されている。

最新の応用例と取扱材料:

現代のレーザー切断技術は、金属、プラスチック、セラミックス、複合材料など複数の材料を扱うことができる。例えば、自動車産業では、レーザー切断技術は、高強度鋼やアルミニウム合金部品の製造が可能であり、航空宇宙産業では、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)やその他の高度な複合材料部品の製造が可能であり、エレクトロニクス産業では、シリコンウェハーやその他の半導体材料の精密加工が可能である。

以上述べてきたことから、現代のレーザー切断機はファイバーレーザー切断機の台頭、切断技術の革新、さまざまな分野での幅広い応用によって加速度的に繁栄しているという結論に安心して飛びつくことができる。

製造業の未来はファイバーがリードする レーザー切断機.この分野の技術が進歩するにつれて、レーザー切断機はより効率的で正確な加工計画を提供できるようになるだろう。

V.レーザー切断技術の将来展望

レーザー切断機

レーザー切断におけるAIの統合

近年、人工知能(AI)は多くの分野で熱い議論を呼んでいるが、もちろん製造業も例外ではない。レーザー切断機とAIの融合は、この分野に破壊的な革命をもたらした。例えば、プロセスを自動化することで、AIは精度を高め、切断作業を最適化することができる。

リアルタイムのデータを分析するAIアルゴリズムを搭載し、高品質で効率的な切断を実現するために、レーザービームの品質を予測し、制御することができます。また、AIにより、オペレーターはレーザー切断装置の適応制御とインテリジェントな最適化を行い、生産性と安定性を向上させ、コストを削減することができます。

レーザー切断の自動化

AIと融合した自動化は、この分野の新たなトレンドになりそうだ。現在、自動車生産ラインと一体化したレーザー切断機は、生産性向上とコスト削減を実現する無人切断の工場運営に成功し、競争力を高めている。

恩恵を受ける可能性のある新素材と産業

レーザー切断技術は、新素材加工と産業創出の可能性を広げる。新しいレーザーの研究開発により、切断精度や精度が向上し、複合材料や超伝導材料など、より多くの高性能材料の加工が可能になりました。

さらに、環境生産に対する意識の高まりにより、レーザー切断技術はグリーン製造により多く適用されるようになっている。3Dプリンティング、新エネルギー自動車、バイオ医薬品など、この技術の恩恵を受ける分野は多い。

新エネルギー自動車業界を例にとると、レーザー切断機はバッテリー部品の精密切断を実現できる。バイオ医薬品業界では、正確な医療機器やインプラントの製造に使用されている。

全体として、AIとオートメーションの統合は、レーザー切断機をよりインテリジェントで効率的なものにする一方で、新しい材料と産業はその用途を拡大する。将来、レーザー切断技術は、生産性の向上、コストの削減、産業革新の促進において、さらに重要な役割を果たすことになるだろう。

VI.結論

この記事では、レーザー切断機の開発史とレーザー切断技術を年表に沿って紹介し、これらの魔法の機械の開発史を学ぶことができます。レーザー切断機は投資価値の高い機械であり、私の記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

レーザー切断機の今後の動向にご興味のある方は、以下のサイトをご覧ください。 お問い合わせ をご覧ください。私たちの 製品ページ をご覧ください。

インフォグラフィック

高解像度のインフォグラフィックをダウンロードする

マシンをお探しですか?

板金加工機をお探しなら、このサイトをご覧ください!

お客様

以下の大手ブランドが当社のマシンを使用している。
お問い合わせ
お客様のシートメタル製品にどの機械が適しているかわからないですか?当社の知識豊富な営業チームが、お客様のニーズに最適なソリューションをご案内いたします。
専門家に聞く