レーザー切断機の一般的な問題のトラブルシューティング

お問い合わせ
私達に製造業で20年以上油圧プレスブレーキ、せん断および繊維レーザーの打抜き機がある。あなたの薄板金製作プロジェクトのための即刻の引用を今得なさい!
無料お見積もり
発行日 4月 30, 2024

I.はじめに

今日の金属加工業界において、レーザー切断機はその高い効率性、精度、適応性から不可欠な設備となっている。高出力・高密度のレーザービームを利用して複数の材料を切断・彫刻し、自動車、航空宇宙、精密機械製造において不可欠な役割を果たしている。

さらに、レーザーカッターは効率性、製品品質、一貫性を保証し、現代の製造業における中核的な切断技術の1つとなっている。

しかし、レーザー切断技術は日進月歩であるにもかかわらず、実際の作業過程では時々問題が発生する。例えば、集光レンズが不正確だとエッジが滑らかでなくなり、レーザー出力が不安定だと切断速度が一定せず、材料の切断が不完全になることがある。

切断時にこれらの問題が発生すると、材料が無駄になるだけでなく、コストが上昇し、納期が遅れ、さらには市場競争力にも影響する。したがって、レーザー切断における一般的な問題をタイムリーに認識し、解決することは、円滑な生産手順を確保し、製品品質を向上させる上で極めて重要である。

この記事では、レーザー切断機の運転や操作中によくある問題を詳しく紹介し、オペレーターやメンテナンスエンジニアが効率的に問題を解決し、安定した操作を確保し、生産性を最大化できるよう、専門的な革命プランを提供する。

II.レーザー切断機を理解する

基本コンポーネント

レーザーカッターレーザ加工機の基本コンポーネントは、レーザ発振器、カッティングヘッド、制御システム、伝送システム(光学システム)、アシストシステム、冷却システムで構成されている。これらのコンポーネントは、レーザービームの位置と動きを正確に制御し、材料の正確な切断を完了するために相互に作用する。

レーザー発生装置:

中核部品であるレーザー発振器は、レーザービームを発生させる。

カッティングヘッド:

カッティングヘッド

レーザービームを集光する集光レンズとノズルを備え、アシストガスを切断部位に導く。

制御システム:

レーザー切断機の頭脳である制御システムは、機械の動きとレーザー照射を制御し、正確な切断を保証する。

伝送システム(光学システム):

CO2レーザー切断機の場合、レーザービームは反射ミラーを通して切断ヘッドに導かれ、ファイバーレーザー切断機の場合は光ファイバーケーブルで伝送される。

アシストガス:

アシストガスは、溶融物を吹き飛ばし、切断箇所をきれいにして切断コースを滑らかにするために使用される。

冷却システム:

通常、レーザー発振器やその他のコンポーネントを冷却し、マシンの安定稼働を維持するのがチラーユニットだ。

これらのコンポーネントの相互作用により、レーザー出力、切断速度、集光、アシストガスの圧力を正確に調整することで、正確な切断が実現する。

互いの交流

まずは短いビデオを見て、その作業工程を学んでみよう:

どのように相互作用するのか?レーザー切断の手順は?ここでは、レーザー切断機の作業手順をステップバイステップで紹介します。

ステップ1:レーザー照射

中核部品として、レーザーはレーザービームを発生させる。電気や他の光源によって励起されたレーザーは、CO2やファイバーのような加工物質を生成する。レーザービームは、高い単色性、指向性、輝度を持っています。

ステップ2:レーザー伝送

生成されたレーザービームは、反射ミラーや集光レンズなどの一連の光学系を通して小さな光スポットに集光される。CO2レーザー切断機では、レーザービームは反射ミラーによって伝送される。ファイバーレーザー切断機では、レーザーはファイバーケーブルを通して切断ヘッドに直接伝送される。

ステップ3焦点と素材処理

レーザー光線は、極めて高密度のレーザー出力で小さなスポットに集中され、材料を加熱して蒸発させることができる。コースの間、材料は発火点まで溶かされ、蒸発し、または燃やされ、小さい穴を形成する。切断ヘッドの相対的な動きによって、小さい穴は切断ヘッドの切断方向に従って細い沈泥として並ぶ。

ステップ4アシストガス

切断中、切断ヘッドは酸素、窒素、空気などのアシストガスを噴射し、溶融物を吹き飛ばして切断部を清浄に保つだけでなく、化学反応にも関与する。例えば酸素切断では、酸素は高温の金属と反応してより多くの熱を発生させ、切断プロセスを加速させる。

ステップ5制御システム

CNC制御システムは、切断プロセス全体を制御します。ユーザーは、レーザーの出力、切断速度、焦点距離などのプログラムを通じて、切断ヘッドの移動経路とパラメータを設計することができ、レーザーカッターは高精度で複雑なパターンを切断することができます。

レーザーカッターのすべてのコンポーネントと動作原理は、工業生産における高い効率と精度を保証し、金属加工と非金属加工を問わず、極めて重要な機械となっている。

レーザー切断機の主流タイプ

レーザー切断機の主流は2種類ある:CO2レーザー加工機とファイバーレーザー加工機です。

CO2レーザーカッター

CO2レーザー切断機は、CO2ガスと他のガス(窒素やヘリウムなど)を混合して放電させ、ガスをレーザーとして利用する。波長は10.6マイクロメートルで、木材、プラスチック、布地、アクリルなど、金属以外の切断に適している。

高出力CO2レーザー切断機は、金属の切断も可能です。基本的に、CO2レーザー切断機は垂直度が高く、滑らかできれいな切断面を作ることができ、切断精度が要求される材料に適しています。

ファイバーレーザーカッター

ファイバーレーザー切断機は、ファイバーケーブルを混合して発生させた固体レーザーを使用する。1.06マイクロメートルの波長を持つファイバーレーザーカッターは、より高い電気-光変換率、より低いエネルギー消費、より良いレーザービームを持っています。

コンパクトな構造でメンテナンスが不要なため、高反射材や導体グレードの金属材料の切断に適している。ファイバーレーザーカッターは、その高速性と効率性、低吸収率により、主に金属加工に使用されています。

代表的な用途と素材:

CO2レーザー切断機:

木材、プラスチック、布、アクリルなどの非金属切断や、その他の高精度金属切断に適している。

ファイバーレーザー切断機

主に鋼、銅、アルミニウムなどの金属切断に使用され、特に金属板加工に適用される。

III.レーザー切断機でよくある問題

レーザー切断機

レーザー切断機は、高い効率と精度により様々な分野で広く使用されているが、材料、技術、ソフトウェアなど様々な要因により、稼働中に故障することがある。

次の章では、材料に関する問題、技術的な問題、ソフトウェアや制御システムのエラーについて、一般的な問題と解決策を詳しく説明する。

よくある問題と解決策

素材関連の問題:

不適切な材料(反射率、厚さ)の使用による問題。レーザー切断では、材料の選択が重要です。不適切な材料を使用すると、反射率が高くなりすぎたり、厚みが不適切になり、切断品質に影響を与えます。

反射材の問題:

銅やアルミニウム合金のような高反射材料は、レーザーの反射によって切断機に損傷を与えたり、切断品質に影響を与えたりする可能性がある。そのため、専用のレーザー吸収材料を使用するか、レーザー出力を下げたり、アシストガス圧力を上げるなどのパラメーターを調整することで解決する。

素材厚の問題:

レーザー切断機には、材料の厚さに関する一定の要件があります。材料が薄すぎても厚すぎても、切断効果に影響する。例えば、薄すぎる材料は、材料を焼き切るのを避けるためにレーザー出力を低くする必要があります。

一般的に、高反射材料を切断する場合、適切なレーザーと切断パラメータを選択するか、特殊な反射抑制技術を採用する必要があります。切断効果を確保するために、材料の厚さに応じてレーザー出力と切断速度を調整する。レーザー切断に最も適切な材料の種類と厚さを選択するようにテストを取るために専門的な材料と選択ガイドを使用しています。

技術的な問題

レーザー切断機を稼働させていると、ビームのズレ、レンズの汚れ、パワーの不整合など、多くの技術的な問題に遭遇することがあります。ご心配なく。問題を解決するためのステップバイステップのガイドを提供します。

ビームのミスアライメント

ビームのズレは、不適切な光路校正や部品の摩耗が原因である可能性があります。光路を再校正することで、レーザービームが被加工物を正確に照射できるようになります。

レンズ汚染:レンズ汚染

レンズの汚れは、レーザーの焦点距離をぼやけさせ、切断品質に大きな影響を与える可能性があります。そのため、損傷したり摩耗したレンズは交換することが重要です。

パワーの不整合:この問題は、レーザーパイプの経年劣化またはエネルギー供給の問題が原因である可能性があります。私たちは、問題を解決するためにレーザーパイプを変更したり、エネルギー源を調整することができます。

ソフトウェアと制御システムのエラー

ソフトウェアと制御システムは、レーザー切断機の頭脳である。いかなるエラーも動作不良を引き起こす可能性があります。

よくある質問

ソフトウェアの設定に誤りがあると、レーザーカッターは間違った場所で動作したり、設計された経路に沿って切断できないことがあります。そのため、この問題が発生した場合は、設計ソフトウェアのワークピースのサイズがレーザー設定の寸法セットと一致しているかどうかを確認し、確認する必要があります。それがエラーを解決する第一歩です。

ソフトウェアのメンテナンスとアップデート

ソフトウェアを定期的に更新し、既知の脆弱性やエラーを修正することで、レーザー切断機の安定した動作を保証することができます。同時に、USBまたはインターネット接続をチェックし、データ伝送が干渉を受けないことを確認する。

レーザーカッターは高効率で精度の高い機械ですが、複数の問題に遭遇することがあります。よくあるトラブルとその解決策を理解することで、故障を未然に防ぎ、解決することができます。

IV.予防メンテナンス戦略

レーザー切断機

レーザー切断機の効率的な稼動には、予防保守が欠かせません。メンテナンス計画を作成し実施することで、機械の故障を大幅に減らし、機械の寿命を延ばすことができます。以下は、必要不可欠な予防戦略です。

定期メンテナンス・チェックリスト

チェックとクリーニング:

フォーカスレンズ、反射ミラー、カッティングヘッドなど、レーザー切断機の主要部品は定期的にチェックし、汚れがなく清潔であることを確認する必要がある。清潔で繊維のない布と専用の洗剤を使用する。

ガス供給をチェックする:

安定した圧力で十分なアシストガスを確保する必要がある。

弱いメンテナンス作業

光学系をチェック

レーザー光路システムの校正をチェックし、レーザービームの光路が正しく、偏っていないことを確認する。

ファンを点検し、清掃する:

埃の堆積が冷却効果に影響しないよう、マシン内部のファンと排気システムを清掃してください。

毎月のメンテナンス作業:

機械式トランスミッションシステムをチェックする:

ガイドレール、ギア、ベルトの張力を点検・調整し、スムーズで騒音のない変速システムを確保する。

ソフトウェアのアップデート:

レーザー切断機の制御ソフトウェアを更新し、最新バージョンをインストールすることで、既知の不具合を修正し、性能を向上させる。

プロフェッショナル・サービスの重要性

日常的、定期的なメンテナンスはオペレーターが行うことができるが、いくつかの複雑な問題や定期的な深いメンテナンスは、その分野の専門家が行うべきである。例えば、レーザー光源のメンテナンス、キャリブレーション、機械全体のオーバーホールは、専門的な知識とツールを持つ技術者が行う必要があります。

トレーニングとオペレーションのベストプラクティス

操作ミスを最小限に抑えるための適切なトレーニング:

オペレーターは、最新の操作手順やメンテナンス知識を習得できるよう、使用、メンテナンス、安全に関するトレーニングを定期的に受けるべきである。オペレーターは、レーザー切断機の操作マニュアルを読み、覚えるよう奨励されるべきである。マニュアルには、機械の正しい操作方法やトラブルシューティングのガイドが一般的に盛り込まれている。

オペレーターが従うべきベストプラクティス

過負荷運転を避ける:材料の厚さと品質に基づいて適切なレーザーパラメーターを選択し、過負荷による機械の損傷を避ける。

タイムリーにフィードバックする:オペレーターが問題や異常事態に遭遇した場合、小さな問題を大きな故障に発展させないよう、時間内にメンテナンス・チームにフィードバックすべきである。

全体として、予防的な方法を実施することで、レーザー切断機の故障率を最小限に抑え、生産性と製品品質を確保し、機械の寿命を延ばすことができる。

V.高度なトラブルシューティング技術

精密な加工を行う機械であるため、操作中に様々な問題が発生する可能性がある。高度なトラブルシューティング技術は、オペレータが問題や原因を発見し、効果的な方法を取るのに役立ちます。

診断ツール

レーザー切断機の診断ツールは、主に多目的テスト機器、専用ソフトウェア、内蔵自己診断システムを組み込んでおり、レーザー出力、光路アライメント、電気システムのコアパラメーターをテストすることができます。3つの診断ツールについて詳しく紹介する。

多目的検査機器:

レーザーパワーメーターや多機能電気メーターなどの多目的検査機器は、主にレーザー出力パワーや電気接続状態を測定するために使用されます。

専用ソフトウェア:

多くのレーザー切断機には、専用の診断ソフトウェアが搭載されており、コンピューターに接続することで、ソフトウェアのエラーやハードウェアの故障など、総合的に機械をテストすることができる。

自己診断システム内蔵:

最新のレーザー切断機には通常、自己診断システムが搭載されており、自己診断を行ってフォルトコードを報告し、問題を迅速に突き止めることができる。

使い方

診断ツールを使用する際は、取扱説明書やメーカーの指示に従って基本設定を行う。その後、発生した問題に応じて適切な診断ツールを選択し、テストを行う。例えば、レーザー切断機がうまく動作しない場合、レーザー出力計を使用して出力が正常かどうかをテストする必要があります。

ケース1:

断続切断現象は、レーザーカッターの切断工程で発生する。多目的電気メーターを使用すると、電源接続の緩みを検出することができます。それで、接続を固定した後、問題は解決される。

ケース2:

レーザー切断機の精度の低下は、専用のソフトウェアで分析できる。テスト後、ソフトウェアの指示に従って光路を調整する。その結果、切断精度が回復する。

プロを呼ぶタイミング

多くの問題は上記の方法で解決できるが、時には専門家に頼ることも必要だ:

専門家の助けが必要な場面

複雑なハードウェアの故障:レーザーの損傷、メイン・コントロール・ボードの故障など。これらの問題は、専門的な知識とツールを持つプロが解決する必要があります。

繰り返し発生する問題:問題が繰り返し発生する場合、より深刻な故障が発生している可能性があり、技術者による徹底的な診断が必要となる。

正しいサービス・プロバイダーの選び方

サービス・プロバイダーを選ぶ際には、多くの要素を考慮する必要がある:

専門資格:公的資格を持ち、評判の良いサービス・プロバイダーを選ぶべきである。

サービス経験:レーザー切断機のメンテナンスにおけるサービスプロバイダーの経験と事例を理解することは重要である。

レスポンスタイムとサービスの質:迅速に対応し、質の高いサービスを提供できるプロバイダーを選ぶ。

VI.結論

この記事では、レーザー切断機のよくある不具合や問題について詳しく解説しているので、企業や個人でレーザー切断を趣味としている方の参考になれば幸いである。また、重要な要素として、適切なサービスプロバイダーの選択が挙げられます。サービスプロバイダーは、レーザー切断機の修理やメンテナンスのコストを削減し、その寿命を延ばすことができます。

カスタマイズされたファイバーレーザー切断ソリューションは、手頃な価格で提供されています。 ADH工作機械エントリーレベルからハイエンドマシンまで。

より具体的な構成については レーザー切断機販売.

インフォグラフィック

高解像度のインフォグラフィックをダウンロードする

マシンをお探しですか?

板金加工機をお探しなら、このサイトをご覧ください!

お客様

以下の大手ブランドが当社のマシンを使用している。
お問い合わせ
お客様のシートメタル製品にどの機械が適しているかわからないですか?当社の知識豊富な営業チームが、お客様のニーズに最適なソリューションをご案内いたします。
専門家に聞く