レーザー切断機の比較:究極のガイド

お問い合わせ
私達に製造業で20年以上油圧プレスブレーキ、せん断および繊維レーザーの打抜き機がある。あなたの薄板金製作プロジェクトのための即刻の引用を今得なさい!
無料お見積もり
発行日 5月 7, 2024

I.はじめに

現代の金属加工製造において、レーザー切断技術は、その高い品質、効率性、幅広い材料適用性により、不可欠なプロセスとして機能している。潜在的な消費者や企業にとって、金属加工におけるレーザー切断機の品質、特徴、用途を理解することは、製品の品質を向上させ、生産コストを最小限に抑えるために極めて重要である。

しかし、目もくらむような数のレーザー切断機を前に、顧客は一般的に適切なレーザー切断機を選ぶのに苦労している。レーザー切断機の種類やブランドによって、性能パラメータや価格が大きく異なる。したがって、潜在的な購入者にとって、自分の要求を満たす最も適切なものを選択することはジレンマである。

そこでこの記事では、レーザー切断機の比較に関する究極のガイドを読者に提供することを目的とする。切断精度、切断速度、材料適合性、費用対効果の観点から、レーザー切断機の主流タイプを比較する。

機械が切断要件を満たすことができるかどうか、どの種類の機械が最も効果的であるか、どのレーザー切断機がどの材料に適しているか、価格、使用コスト、メンテナンスコストを総合的に考慮した場合、どの種類のレーザー切断機が最も費用対効果が高いかを知ることが重要である。

問題の主要因の深い分析に基づいて、あなたに合ったレーザー切断機を見つけることができます。本ガイドは、レーザー切断機選定の旅の障害を軽減するために、徹底的な比較と実用的で専門的なアドバイスを提供します。

この究極のレーザー切断機対決の火ぶたを切って落とそう!

II.レーザー切断技術の理解

レーザー切断の基礎

レーザー切断機の仕組み

レーザー切断機 高出力密度レーザービームを利用して、溶融、蒸発、燃焼する材料の表面を発火温度まで照射する。同時にアシストガスで溶融物を吹き飛ばす。こうして切断が終了する。

レーザー切断の手順には、部品加熱、溶融、溶融ブローの3つのステップが含まれる。非接触で、高精度で、高速に切断できるこの技術は、金属および非金属加工産業で広く応用されている。

市場の切断機で主流となっているレーザーの種類とは?この記事では、主流となっている3種類のレーザー切断機をご紹介します:CO2レーザ加工機、ファイバーレーザ加工機、YAG固体レーザ加工機です。

CO2レーザー切断機:

CO2レーザー切断機は、主に木材、プラスチック、ガラス、布などの非金属切断に使用されます。波長が10.6マイクロメートルで、エネルギー変換効率が25%に達する高出力に適しているため、非金属切断において大きな優位性を持っています。

ファイバーレーザー切断機

ファイバーレーザー切断機

ファイバーレーザー切断機は、高いエネルギー変換効率、低いメンテナンスコスト、高品質のレーザービームで有名です。波長が1.06マイクロメートルで、金属に対する吸収率が高いため、金属の切断に適している。ファイバーレーザーカッターは、ステンレス鋼、炭素鋼、アルミニウム合金の切断に適しています。

YAG固体レーザー切断機:

初期の切断技術の一つとして、YAG固体レーザー切断機は主に金属を切断するために使用される。波長1.06マイクロメートルのYAG固体レーザー切断機は、ファイバーレーザー切断機に似ている。

しかし、YAG固体レーザー切断機は、その切断技術によって制限され、比較的狭い範囲に適用され、低い効率で動作する。

従来の方法と比較したレーザー切断の利点

カットの精度と品質:

レーザーカッターは、極めて高い精度と高品質の切断を可能にする。小さな光スポットに集光されたレーザービームは、バリのない滑らかな刃先で複雑で小さく繊細なパターンを切断することができ、その後の加工の必要性を減らすことができます。

無駄を省き、効率を高める:

その高い精度のおかげで、材料の利用を最大限に最適化し、廃棄物を減らすことができる。同時に、高速レーザー切断は生産性を大幅に向上させることができ、特にバッチ生産では生産サイクルを大幅に短縮することができます。

さまざまな素材を扱う汎用性:

レーザー切断技術は、金属だけでなく、プラスチック、木材、ガラスなど、さまざまな非金属材料も扱うことができる。その多用途性により、この技術はさまざまな産業や素材の要求に応えることができ、レーザー切断技術の応用の地平を広げている。

III.レーザー切断機を選択する際に考慮すべき重要な要素

マシンタイプの比較と適合性

この3種類の切断機は、使用可能な材料や加工性能などにそれぞれ特徴がある。

CO2レーザー切断機は、業界で最も一般的で広く使用されている機械の一つとして、切断が得意です。出力が大きく、厚い板材(10mm以上)の切断に適しています。

ファイバーレーザーを利用したファイバーレーザー切断機は、金属切断に適しており、特に薄い金属板(1~8mm以内の材料など)の高速かつ正確な切断に適している。非金属の切断ではCO2レーザー切断機より劣りますが、切断速度や切断の滑らかさでは明らかに優れています。

ファイバーレーザー切断機

YAG固体レーザー切断機は、ネオジムイオンをドープしたYAG結晶を加工材料として使用し、ファイバーレーザー切断機と同様の出力波長を持つ。YAGレーザ加工機のビーム品質は、CO2レーザ加工機とファイバーレーザ加工機の中間に位置するが、切断速度と精度はファイバーレーザ加工機に劣る。

複合材料の切断において、CO2レーザー切断機は最も賢明な選択である。炭素繊維、ガラス繊維、その他の強化複合材料や、セラミックマトリックス複合材料のような難加工材料の切断が可能です。しかし、切断品質と速度を求めるのであれば、ファイバーレーザーカッターは最高の選択である。

切断速度と効率

切断速度と効率は、生産性を測定するための主な指標である。一般的に、ファイバーレーザー切断機の切断速度が最も速く、次いでYAGレーザー切断機、CO2レーザー切断機は比較的遅い。

1mmのステンレス板の切断を例にとると、高出力ファイバーレーザー切断機は毎分60~80メートル、YAGレーザー切断機は毎分30~50メートル、CO2レーザー切断機は毎分20~30メートルに達する。

高速化は加工サイクルの短縮と生産性の向上を意味する。大量生産される金属ワークの場合、高速ファイバーレーザー切断機は納期を大幅に短縮し、人件費や機械コストを削減することができる。しかし、小ロットの生産や非金属の切断では、CO2レーザー切断機の方が優れた性能を発揮する。

カットの精度と品質

レーザー切断機の性能の重要な指標である切断精度は、加工物の寸法公差と表面品質を直接決定する。

切断精度の面では、ファイバーレーザーカッターが最も優れており、次にYAGレーザーカッター、最後にCO2レーザーカッターとなる。

ファイバーレーザーのビーム品質は回折限界に近づいており、集光スポットは10~30μmと小さいため、加工精度が±0.02mmに達する狭いシルトと小さな熱影響ゾーンが得られる。

YAGレーザー切断機のビーム品質はファイバーレーザー切断機ほど良くなく、加工精度は±0.05mm程度に達する。レーザービームパターンと光学システムは、加工精度が±0.1mmに達するCO2レーザ切断機を制限する。

切り口の平坦さと滑らかさ、バリの量も切断品質を示すことができる。ファイバーレーザーカッターやYAGレーザーカッターの切断品質は、CO2レーザーカッターよりも優れています。

CO2レーザー切断機は、勾配や縞があり、バリが多い切断を行うが、非金属の切断では不可欠な役割を果たす。

一般的に、サイズや外観に高い要求がある精密部品やハイエンドの装飾加工には、ファイバーレーザーカッターがより高い加工品質を提供できる。通常のワークピースについては、YAGレーザー切断機とCO2レーザー切断機も品質と精度に対する基本的な要件を満たすことができる。

したがって、消費者は、製品の要求に基づいて、機械の性能とコストのバランスをとり、最適なタイプの機械を選ぶ必要がある。

運営・維持費

レーザーカッターの運転コストとメンテナンスコストは、ユーザーが考慮すべき主な経済的要因である。これらのコストには、エネルギー消費、消耗品コスト、メンテナンスおよびサービスコストが含まれる。

エネルギー消費に関しては、CO2レーザー切断機が最も消費し、YAGレーザー切断機とファイバーレーザー切断機が最後に消費する。長期的な稼働では、ファイバーレーザーカッターが最も優れている。

消耗品費については、CO2レーザーカッターはレーザーガス、集光レンズ、保護レンズなどの光学部品を定期的に交換する必要がある。一方、ファイバーレーザーカッターとYAGレーザーカッターは比較的消耗品が少ない。しかし、ファイバーレーザーカッターの初期投資額は、他の2種類よりも高い。

メンテナンスに関しては、CO2レーザー切断機は比較的複雑な構造をしているため、専門家が光学系を調整し、冷却システムを定期的に清掃・洗浄する必要がある。

YAGレーザーカッターやファイバーレーザーカッターは、コンパクトな構造で光路が閉じているため、これらはすべて容易である。しかし、YAGやファイバーカッターの修理費はCO2レーザーカッターよりも高い。

これまで述べてきたことを踏まえると、ファイバーレーザーカッターは、消費エネルギーが最も少なく、消耗品も少なくて済み、メンテナンスも不要なため、運用コストが最も低い。

ファイバーレーザー切断機

機械コストを考慮すれば、CO2レーザーとYAGレーザーカッターは、費用対効果の点で、中・小出力加工産業においてファイバーレーザーよりも優位にある。

IV.各レーザーカッターの長所と短所

現在、CO2レーザーカッター、ファイバーレーザーカッター、YAGソリッドレーザーカッターの3種類のレーザー切断機が主流である。それぞれに特徴、長所と短所があり、異なる加工への要求に応えている。

CO2レーザーカッターの利点と欠点

CO2レーザー切断機は、波長10.6μmのCO2レーザーを使用しており、木材、プラスチック、ガラス、紙などの非金属の切断に適している。

利点がある:

幅広い用途:良好な切断性能と滑らかなエッジで、ほとんどの非金属を切断できる。

高速:CO2レーザー切断機は、薄いシート材を素早く切断することができます。

高精度:精密なカッティングが可能で、複雑なパターン加工に適している。

デメリット

エネルギー消費量が多い:光と電気の変換効率が低いため、エネルギー消費が大きい。

メンテナンス費用が高い:レーザーや光学システムのメンテナンス費用は高い。

金属切断に不向き:金属、特に反射率の高い金属の切断には不向き。

ファイバーレーザーカッターの利点と欠点

ファイバーレーザーカッターは、主に金属切断に使用される波長1.06μmのファイバーレーザーを利用する。

利点がある:

高効率と省エネ:光電変換効率が高く、エネルギー消費量と運転コストが低い。

高速:CO2ファイバーレーザー切断機よりも高速で、特に薄い金属シートの切断に適している。

メンテナンスコストが低い:基本的にメンテナンスが不要なため、耐用年数が長い。

デメリット

厚板の切断には限界がある:比較的厚いボードの切断には時間がかかる。

コストが高い:初期投資が比較的高い。

非金属切断に不向き:非金属切断の性能はCO2レーザー切断機ほど良くない。

YAG固体レーザーカッターの利点と欠点

YAGレーザー切断機は、波長1.064μmの固体レーザーを使用し、金属および一部の非金属材料の切断に適している。

利点がある:

幅広い用途:金属および一部の非金属材料の切断が可能

低コスト:ファイバーレーザーカッターと比較して、YAGレーザーカッターは低コストです。

簡単な操作:シンプルな構造は、比較的簡単な操作と便利なメンテナンスを伴う。

デメリット

切断効率の低さ:ファイバーレーザーカッターに比べ、YAGレーザーカッターは切断速度が遅く、効率も低い。

消費電力が大きい:光と電気の変換率が低いため、消費電力が大きい。

高いメンテナンスコスト:レーザーや光学システムには定期的なメンテナンスが必要であり、これがコスト増につながる。

一般的に、異なる種類のレーザー切断機は、独自のアプリケーション領域、長所と短所を持っています。レーザー切断機を選択するときは、最適なものを選択するために、プロセスの要求、材料の種類、コストや予算を考慮する必要があります。

比較表

特徴/モデルファイバーレーザー切断機CO2レーザー切断機YAGレーザー切断機
レーザー波長1.06μm10.6μm1.06μm
光電変換効率30%について10%について3%について
切削速度高い(YAGの4~5倍)ミディアム低い
維持費低い高いミディアム
切断材料の適性主に金属材料に適している金属および非金属材料主に金属材料に適している
切断厚さ薄板から中厚板まで対応厚板や非金属材料に最適薄い板に適している
利用料金低い高いミディアム
カッティング・クオリティ高い(スムーズなカッティング、バリが少ない)ミディアムミディアム
設備価格高い中~高低い
操作性高いミディアムミディアム
適用業種板金加工、航空、宇宙など広告、模型製作、非金属加工など金属加工、装飾、広告など

V.地平線上のイノベーション

レーザー切断機の開発と革新は、生産性の向上、コストの削減、製造業の活性化に不可欠な役割を果たしている。レーザー切断技術が発展するにつれ、より多くの新技術が登場し、製造業に大きな影響を与えるだろう。

今後の技術的進歩

より高い効率と精度:

高度な制御技術と高精度な移動システムにより、レーザーカッターの加工精度と効率が向上し、製造業の要求に応えることができるようになった。

柔軟な生産:

先進のフレキシブル製造技術を導入することで、機械は迅速な調整とカスタマイズ生産を可能にし、個性の要求に応える。

より知的な:

高度な機械学習とディープラーニングを導入することで、デバイスの適応制御とインテリジェント最適化機能を実装し、生産効率と安定性を高めることができる。

環境に優しい:

効率的な冷却システムと低エネルギー消費のレーザーを採用することで、エネルギー消費と排気ガスを低減し、グリーン生産を実現する。

製造業への潜在的影響

生産性の向上:

正確なカッティングは材料の無駄を省き、生産サイクルを早めるため、企業は市場に迅速に対応することができる。

生産コストの低減:

インテリジェントで自動化された製品方法は、人件費と製品コストを削減する。

パーソナライズされた生産:

レーザー切断機の柔軟な生産は、製造業が市場の個別化された要求に応えることを可能にする。

グリーン生産の推進:

レーザー切断技術のグリーンで環境に優しい品質は、業界によりグリーンで持続可能な未来をもたらします。

VI.結論

レーザー切断技術が発展し、その応用範囲が広がるにつれて、レーザー切断機は製造業においてそれぞれの役割を果たすようになる。そのため、3種類の機械の違いを理解し、最適な機械を選択することが重要である。

のトップメーカーである。 ファイバーレーザーカッター, ADH工作機械 は、あなたが完璧な選択をするために必要なすべての知識を装備する準備ができています。お気軽に お問い合わせ 専門家がご質問にお答えします。

マシンをお探しですか?

板金加工機をお探しなら、このサイトをご覧ください!

お客様

以下の大手ブランドが当社のマシンを使用している。
お問い合わせ
お客様のシートメタル製品にどの機械が適しているかわからないですか?当社の知識豊富な営業チームが、お客様のニーズに最適なソリューションをご案内いたします。
専門家に聞く