2024年、最高のレーザー切断機をどこで買うか

お問い合わせ
私達に製造業で20年以上油圧プレスブレーキ、せん断および繊維レーザーの打抜き機がある。あなたの薄板金製作プロジェクトのための即刻の引用を今得なさい!
無料お見積もり
発行日 4月 26, 2024

I.はじめに

今日の製造業において、レーザー切断機は、その精度と効率に優れた品質により、重要な生産ツールとして機能している。これらの魔法のようなマシンは、金属、プラスチック、ガラス、木材、複合材料を含む複数の材料を切断するためにレーザー切断技術を利用しています。

この機械は生産性を向上させただけでなく、加工品質を確保し、複雑な設計を可能にしたため、特に製造業の多くの分野で支持されている。現在、レーザー切断機は、自動車、航空宇宙、機械加工産業で応用されている。

私が言いたいのは、正しいレーザー切断機を選ぶことは、あなたの会社やビジネスにとって本当に重要だということです。なぜなら、適切なレーザー切断機は、生産性と製品品質を確保するために非常に重要だからです。しかし、材料加工に対するさまざまな要求は、さまざまなレーザー切断機を伴います。

例えば、CO2レーザー切断機は非金属の切断に適していますが、ファイバーレーザー切断機はすべての種類の金属に適しています。そのため、材料やその他の要素に基づいて適切なマシンを選択することで、加工速度と精度を向上させ、生産コストを削減することができます。

購入に関しては、信頼できるサプライヤーが重要であることは誰もが知っている。プレミアムサプライヤーは、ハイエンドで高性能なレーザー切断機を提供するだけでなく、長期的な安定稼働を保証するために必要な技術サポートとサービスを提供することができます。技術サポートには、据付、調整、トレーニング、メンテナンスが含まれ、安定稼働と寿命延長に不可欠な役割を果たす。

レーザー切断機が今日の製造業に不可欠であることは明らかだ。その精度と効率における強みは、企業の競争力を向上させる。したがって、適切なレーザー切断機と信頼できるサプライヤーは、高品質と効率性を求めるあらゆる企業にとって決定的な決断となる。

レーザー切断機の購入を検討しているが、どのような要素を考慮し、どこで購入すべきか分からない?ご心配なく。この記事では、2024年に最高のレーザー切断機を購入する場所についての徹底的なガイドを提供します。

II.レーザー切断機の最も競争力のあるタイプ

現在の金属加工分野では、レーザー切断機は精度と精度の強さで差別化され、市場で人気を博している。市場を支配するレーザー切断機には、主に2つのタイプがあります:CO2レーザー切断機とファイバーレーザー切断機です。本日は、この2つのレーザー加工機について、より深く理解していただくために、その違いを比較しながら詳しくご紹介します。

CO2レーザーカッター

CO2レーザー切断機は、CO2レーザー光源を利用し、波長10.6マイクロメートルのレーザーを発生させる。この種のレーザーは非金属によく吸収されるため、木材、アクリル、プラスチック、紙、革、布などの非金属の切断に適している。CO2レーザー切断機の利点は、その高度な切断技術、幅広い用途、一部の金属を含む複数の材料との互換性にある。

しかし、運転やメンテナンスのコストが高い、速度や効率が低いといった弱点も明らかになっている。

ファイバーレーザーカッター

ファイバーレーザー切断機は、波長約1.06マイクロメートルの固体レーザー光源を利用する。この種のレーザーは金属によく吸収されるため、ステンレス鋼、炭素鋼、銅、アルミニュームなどの金属切断に適している。その利点は、高い費用対効果、速度、精度、低い運用・保守コストにある。弱点は、初期投資が高いことと、非金属との相性が悪いことである。この魔法の機械について、ビデオで楽しもう。

CO2レーザー切断機とファイバーレーザー切断機の比較

この2種類のレーザー切断機を比較する場合、まず次の点を考慮する必要がある。

切断材料: CO2レーザー切断機はあらゆる非金属を扱うことができるが、ファイバーレーザー切断機は金属切断に適している。

運営費: ファイバーレーザー切断機の運転コストは、光電変換率が高く、エネルギー消費量が少ないため、CO2レーザー切断機よりも低い。

切断速度と精度: ファイバーレーザー切断機は、薄い金属板を扱う場合、CO2レーザー切断機よりも速く正確に切断します。

維持費: CO2レーザー切断機は、光学系の定期的なメンテナンスが必要だが、ファイバーレーザー切断機はメンテナンスがほとんど不要で、メンテナンスコストも低い。

一般的に、どちらを選択するかはユーザーの要求に基づいている。顧客が非金属材料の切断を計画しているか、金属の切断速度に対する要求が低い場合は、CO2レーザー切断機の方が経済的な選択かもしれない。しかし、顧客が金属の高速かつ正確な切断を求める場合、ファイバーレーザー切断機は間違いなくインテリジェントな選択です。

しかし、どのタイプのレーザー切断機を選んでも、効率的で正確な切断が行われ、生産性と製品品質が向上します。

III.レーザーカッターを購入する際に考慮すべき要素

ファイバーレーザー切断機

レーザー切断機をどこで買おうかと考えているなら、まずどんな要素を考慮すべきかを学ぶべきだ。私はあなたにいくつかの提案を提供することができると思います。購入するとき、レーザー切断機の性能に影響を与えるいくつかの重要な要因が実際にあります。

したがって、最も価値のある投資と生産比率を確保し、生産需要を満たすために、私は以下のようにいくつかの極めて重要な要素を挙げた:

レーザー出力と切断速度

レーザー出力は、レーザーカッターの性能を左右する決定的な要素の一つである。基本的に、出力が高いほど切断強度は強くなると言える。そのため、より厚い材料をより高速で切断することができる。

例えば、出力が高いレーザー切断機であれば、切断速度を上げても、厚い材料を扱っても、高品質な切断が可能である。そのため、高出力のレーザー切断機はコストが高くなるため、適切なレーザー切断出力は切断効率と運用コストに関係する。

切断面積と材料容量

裁断面積は、機械が処理できる材料の最大サイズを決定します。なぜなら、切断面積が小さすぎると、大きな材料の加工に対応できない可能性があるからです。

さらに、もう1つ注目すべき要素は、材料容量が加工可能な材料のカテゴリーに影響するということだ。これらの材料には、金属、プラスチック、木材などが含まれ、異なるレーザー切断機は、異なる材料の需要を満たすことができます。

使いやすさとメンテナンス

レーザー切断機の使いやすさは、生産性を大幅に向上させる。最新のレーザー切断機は、高度なCNC制御システムとユーザーフレンドリーなスクリーンを備えており、操作が容易です。

その上、メンテナンスのしやすさも重要な事項である。一部のハイエンドのレーザー切断機は、低メンテナンス需要を伴い、大幅に運用コストを下げる。

ソフトウェアの互換性

レーザー切断機のソフトウェアの互換性は、その柔軟性と拡張性に影響する。複数のCADやパターン設計と互換性のあるレーザー切断機を選択することで、既存の設計や生産プロセスにシームレスに統合することができる。

ところで、機械の長期的な稼働を保証するためには、更新と技術サポートも重要な要素であることを忘れないでほしい。

価格と予算

レーザー切断機の価格は、数千ドルから数十万ドルまでさまざまです。それはほとんど機械の性能、サイズ、機能に依存します。予算を考える際には、初期投資と長期的な運用・保守コストを考慮する必要があります。

ハイエンドのレーザー切断機はイニシャルコストは高いが、操作効率が高く、メンテナンスコストが低いため、長期的にはもっと節約できる。

これまでご紹介してきたことを踏まえれば、レーザー切断機の購入には多くの側面を考慮する必要があることは明らかです。これらの重要な要素を理解し、見積もることで、生産要求を満たすだけでなく、最高のコストパフォーマンスを実現できる最適なレーザー切断機を選択することができます。

上に挙げた要素を注意深く考慮すれば、高効率で経済的、かつ信頼性の高いレーザー切断機を自宅に持ち帰ることができる。

IV.レーザー切断機のトップブランドを選ぶ

どのような要素が重要かを考えた上で、今度はどこでマシンを購入するかについて議論することになる。多くの人はまず、信頼できるマシンを提供してくれるブランドを思い浮かべるのではないだろうか。個人であろうと企業であろうと、有名なグローバル・ブランドのマシンが最良の選択であることは間違いない。

そこで本日は、Trumpf、Mazak Optonics、Boss Laser、Epilog Laser、Trotec Laser、ADH Machine Toolなど、各国で評判のブランドを厳選し、ご参考までにご紹介します。以下では、これらのブランドの特徴を詳しく説明し、比較します。

トランプ

1923年に設立されたドイツの同族会社であるTrumpfは、産業機械およびレーザー切断機製造のリーダーの1つです。Trumpfのレーザー切断機は、高精度、優れた性能、技術の発明で有名です。

同社は、CO2レーザーカッター、ソリッドレーザーカッター、ファイバーレーザーカッターなど、多くの種類のレーザー切断機を顧客に提供している。様々な加工要求に対応することができる。Trumpfはまた、スマート工場を重視し、デジタル接続された生産プロセスを提供するインダストリー4.0ソリューションを提供している。

マザック・オプトニクス

マザックオプトニクスは日本のヤマザキマザック株式会社の一部で、レーザー技術を専門としている。マザックは、2Dおよび3Dレーザー切断システムを含む、さまざまな構成のレーザー切断機を提供することができます。マザックのマシンは、高速・高精度とブランドの信頼性を強みに、産業用として顧客に支持されている。現在、マザックのレーザー切断機は、自動車、航空宇宙、重工業に広く適用されています。

ボス・レーザー

Boss Laserは、100%米国企業であり、複数のタイプのレーザー切断機と彫刻機をユーザーに提供するレーザー切断機のメーカーです。リーズナブルな価格で、Boss Laserのマシンは特に中小企業や個人ユーザーに適しています。木材、プラスチック、ガラス、金属を含むあらゆる種類の材料を扱うことができるので、そのマシンは創造的な工芸品や小規模生産のためのインテリジェントな選択肢です。

エピログ・レーザー

Epilog Laserは、中小型レーザー切断機と彫刻機の製造に重点を置く企業である。使いやすい画面と高精度のカッティングにより、Epilog Laserのマシンは、精密な工芸品や個性を求めるギフトやプロトタイプのデザインに特に適している。

トロテックレーザー

オーストリアのトロテック・レーザー社は、幅広い材料と用途に適した高速・高精度のレーザー切断機を提供している。トロテックの装置は、特に複雑で繊細な切断作業に対応する革新的な設計と優れた性能で定評がある。

ADH工作機械

ADHレーザー切断機

中国のトップ5機械メーカーの一つとして、ADH工作機械は、レーザー切断機を含むあらゆる種類の産業機械を提供しています。ADHのレーザー切断機は、費用対効果と安定した性能のために市場で歓迎されており、コストに敏感な市場に適しています。

同社は、40年にわたるレーザー切断機の研究開発の歴史、プロのオペレーター、有名なブランドを誇っています。初期投資をあまりしたくないが、高精度、高品質、効率性を求める場合。そのレーザー切断機はあなたを失望させることはありません。

比較

テクノロジーとイノベーション費用と収益ユーザーフレンドリー工業用事業規模
トランプ大きい
マザック・オプトニクスラージ、ミディアム
ボス・レーザー小さい
エピログ・レーザースモール、ミディアム
トロテックレーザースモール、ミディアム
ADH工作機械スモール、ミディアム

適切なレーザー切断機のブランドを選択するには、特定のアプリケーションのニーズ、予算、操作上の利便性に基づいて決定する必要があります。各ブランドには独自の利点があり、異なる市場やユーザーの要件に適しています。

V.レーザー切断機の購入先

レーザー切断機を購入するには多くのルートがあり、それぞれの方法には長所と短所がある。一般的に、3つの主要なチャネルがあります:オンラインマーケットプレイス、オフラインのディーラーや代理店、メーカーから直接購入する。

オンライン・マーケット

オンライン市場の主な強みは、利便性と迅速な購入です。顧客はレーザー切断機の異なるブランド、タイプ、機能、価格を比較するのに便利です。さらに、ユーザーのレビューのプレビューは、顧客が各マシンの性能を理解するのに役立ちます。

しかし、このチャネルにはデメリットもある。オフラインの販売店や代理店のように、顧客が直接マシンの品質や操作性を確認できなかったり、アフターサービスが間に合わなかったりすることもある。

トップ・オンライン・サプライヤー

アリババ、アマゾン、イーベイなど、有名なオンライン・プラットフォームがある。また、独自のウェブサイトを持っているブランドもある。例えば ADH工作機械 は公式ウェブサイトで製品を販売している。このようなプラットフォームには、あらゆる種類のブランドやサプライヤーが集まっており、顧客が比較・選択しやすくなっている。

オフラインのディーラーと代理店

レーザー切断機を購入する際、オフラインの販売店や代理店を通じて機械を直接確認し、その場で機械の機能や性能をテストすることができる。その上、現地の代理店は通常、顧客により個別化されたサービスと技術サポートを提供することができ、これは機械の設置や保守・修理にとって極めて重要である。

評判の良い販売店を選ぶ際には、顧客レビューや業界内での推薦、専門的なアフターサービスが提供されているかどうかなどを参考にすることができる。業界の展示会に参加したり、メーカーの公式サイトを訪問したりすることは、通常、認定ディーラーのリストを見つけるのに役立つ。

中国馬鞍山市博望区新市工業区に位置するADHは、中国国内において、独自の レーザー切断機用キャンパス。 同社に興味があれば、見学は大歓迎だ。

メーカーからの直接購入

メーカーから直接購入することで、これらの機械が本物であることを保証できます。また、包括的な技術サポートやアフターサービスもご利用いただけます。

加えて、多くの場合、メーカーは他の特別な需要に応えるためにカスタマイズされたサービスを提供する。しかし、このチャネルではコストが高くなり、購入手続きも複雑になる可能性がある。

大手レーザー切断機メーカー:

Trumpf社、Mazak Optonics社、MAZAK社など、レーザー切断機のトップメーカーもある。 ADH マシンツール 高品質の機械を提供するだけでなく、グローバルな販売・サービス網を提供し、顧客がタイムリーな技術サポートと機械のメンテナンスを受けられるようにしている。

全体的に、顧客がレーザー切断機を購入するために多くのチャネルにアクセス可能であり、それぞれが独自の長所と短所を持っています。そのため、この記事はレーザー切断機をどこで買うかについて悩んでいる人の参考になるように書かれた。

VII.結論

この記事では、同社が提供するレーザー切断機の種類とその購入方法について詳しく紹介する。

ADH工作機械 は、40年以上の業界経験を持つハイエンド板金加工機器の専門メーカーです。同社の製品には、以下のようなさまざまな産業ニーズに適したさまざまなタイプのレーザー切断機が含まれます。 シングルテーブルファイバーレーザー切断機 への チューブレーザー切断機。

ADH マシンツールのレーザー切断機にご興味がある方、またはお客様のニーズに合った機械の選び方について詳しく知りたい方は、以下のサイトをご覧になることをお勧めします。 製品ページ または直接 営業チームへのお問い合わせ をご覧ください。

インフォグラフィック

高解像度のインフォグラフィックをダウンロードする

マシンをお探しですか?

板金加工機をお探しなら、このサイトをご覧ください!

お客様

以下の大手ブランドが当社のマシンを使用している。
お問い合わせ
お客様のシートメタル製品にどの機械が適しているかわからないですか?当社の知識豊富な営業チームが、お客様のニーズに最適なソリューションをご案内いたします。
専門家に聞く