初心者のためのレーザー切断機:エッセンシャルガイド

お問い合わせ
私達に製造業で20年以上油圧プレスブレーキ、せん断および繊維レーザーの打抜き機がある。あなたの薄板金製作プロジェクトのための即刻の引用を今得なさい!
無料お見積もり
発行日 5月 17, 2024

I.はじめに

初心者のために、2つの疑問を解決しておこう:レーザー切断とは何か?なぜレーザー切断を選ぶのか?基本原理、利点、そしてどれを選ぶべきかを理解することが、レーザー切断機を正しく使うための第一歩である。

この記事では、初心者がすぐに始められるように、レーザー切断機の基本的な情報を詳しく紹介する。

レーザー切断技術は、高出力・高密度のレーザー光線を利用して材料を切断・彫刻する技術である。光学システムを通して材料の表面に焦点を合わせ、レーザー光線が材料の表層を燃やし、溶かし、蒸発させ、吹き飛ばす。こうして切断が完了する。

レーザー切断技術

レーザー切断技術は、その特殊な能力により、現代の製造業にとって最良の選択肢となっている。

  • レーザー切断機は、極めて高い切断精度と品質を可能にする。
  • 高速性を誇るレーザーカッターは大量生産に適している。
  • レーザーカッターは、金属(スチール、ステンレス、アルミニウム)、非金属(木材、プラスチック、ガラス)、その他の材料を含む複数の材料を切断することができます。
  • 切断時に発生する廃棄物はほとんどなく、そのほとんどはリサイクルして利用できる。

II.レーザー切断機を理解する

初心者の場合、まずは以下のことを学び、理解する必要がある。 レーザー切断機。 そこで、この章ではレーザーカッターの主な種類と主な構成部品を紹介し、初心者がレーザーカッターをより深く理解できるようにする。

レーザー切断機の種類

レーザーの種類によって、レーザー切断機は3つのタイプに分けられ、それぞれに応用シーンがあります。ビデオを見て直感的に理解しよう。

  • CO2レーザーカッター
  • ファイバーレーザーカッター
  • YAGレーザーカッター

CO2レーザーカッター

CO2レーザーカッターは、レーザー媒体としてCO2ガスを利用し、木材、プラスチック、ガラス、紙などの非金属切断に適しています。マジックマシンは、彫刻能力の高品質と幅広いアプリケーションで有名です。

CO2レーザーカッターの長所

  • 高精度で精巧なカッティング:複雑なパターンや精密なデザインを扱うのに適している。
  • 汎用性:切断だけでなく、彫刻やマーキングもできる。

ファイバーレーザーカッター

ファイバーレーザーカッター

レーザー媒質として光レーザーを使用するファイバーレーザー切断機は、ステンレス鋼やアルミニウムなどの金属材料の切断に特に適している。

ファイバーレーザーカッターの長所:

  • 高速性と効率性:高速処理を必要とする用途に適している。
  • 低メンテナンスコスト:ファイバーレーザーカッターは、メンテナンスがほとんど不要であるため、運用コストを削減できる。
  • 高いエネルギー効率:ファイバーレーザーカッターは、高い電気-光変換効率を持ち、エネルギーを節約します。

YAGレーザーカッター

YAG(イットリウム・アルミニウム・ガーネット)レーザー切断機は、レーザー媒質にネオジム添加イットリウム・アルミニウム・ガーネットを使用しており、航空宇宙部品などの高強度・高硬度加工に適している。

YAGレーザーカッターのプロン:

  • 高精度:高精度と高い表面品質を必要とする産業に適している。
  • 幅広い用途:あらゆる種類の金属および非金属材料を扱うことができる。

レーザー切断機の主要コンポーネント

多くの部品で構成され、それぞれの部品が切断時に重要な役割を果たす。

  • レーザー光源
  • 制御システム
  • 機械式ベッド
  • カッティングヘッド
  • 自動潤滑

レーザー光源

レーザー光源は、高出力・高密度のレーザービームを発生させる役割を担っています。一般的なレーザー光源には、CO2レーザー、ファイバーレーザー、YAGレーザーなどがある。レーザー光源は、加工する材料の厚さや種類によって決める必要があります。

制御システム

制御システムは、レーザー切断機の残りの部分を管理し、調整する。一般的には、レーザービームの経路と切断速度を正確に制御するために使用されるCNCシステムが含まれる。高度な制御システムは、自動的かつインテリジェントな操作を可能にし、生産性を向上させる。

機械式ベッド

切断する材料を置くプラットフォームとして、メカニカルベッドは切断中に材料が静止していることを保証する高い安定性と精度を必要とします。メカニカルベッドの設計と材質は、切断品質に大きく影響します。

カッティングヘッド

カッティングヘッド

カッティングヘッドは、レーザービームが材料と接触する部分である。通常、集光レンズと材料表面にレーザービームを集光するノズルが含まれる。

噴霧されたガスに助けられ、溶融・蒸発した材料は作業エリアから吹き飛ばされる。カッティングヘッドの設計とメンテナンスは極めて重要である。

自動潤滑

自動潤滑は、レーザー切断機の可動部品の最高の作業性能を維持するために使用されます。定期的な潤滑は、摩耗や損傷をなくし、装置の寿命を延ばし、切断効率と精度を向上させます。

要約すると、レーザー切断機は現代の製造業にとって不可欠なツールである。その種類と主要部品の選択は、生産性と製品品質に直接影響する。

レーザー切断機の動作原理と技術の特徴を深く理解することは、製造業の迅速かつ高品質な発展を後押しすることができます。

III.レーザー切断を始める

レーザー切断

初心者のための正しいレーザー切断機の選び方

初心者は正しいレーザー切断機を選ぶことが肝要である。ここでは、初心者が賢明な選択をするのに役立つ重要な要素のいくつかを紹介します。

  • 切断機
  • 切断厚さ
  • 予算
  • アプリケーション・シナリオ

切断機:

CO2レーザー切断機やファイバーレーザー切断機など、多くの切断機があります。

CO2レーザービームを利用したCO2レーザー切断機は、木材、アクリル、皮革、その他の非金属材料の切断に適している。商業分野で最も使用されており、価格は数百ドルから数万ドルです。

ファイバーレーザーカッターは、高速、高精度、低コストでの金属材料の切断に適しており、通常、工業生産に適用される。

切断厚さ:

レーザーカッターのパワー適切な素材切断厚さ
低出力レーザーカッター (10W-100W)紙、薄いプラスチック薄い素材
中出力レーザーカッター (100W-500W)木、アクリル1/4インチまで
ハイパワーレーザーカッター (500W-2000W)金属材料1インチまで
レーザー切断厚さ

この表は、さまざまな出力レベルのレーザーカッターに適した材料と切断厚さをまとめたもので、ユーザーが特定のニーズに基づいて適切な機器を選択するのに役立ちます。

予算

初心者は予算に応じてレーザー切断機を選ぶべきである。ファイバー式よりも比較的安価なYAGレーザーカッターやCO2レーザーカッターは、家庭や小さなスタジオに適している。

アプリケーションのシナリオ:

家庭でのDIYプロジェクトや小規模な工芸品製作には、低出力のYAGレーザーカッターやCO2レーザーカッターで十分だ。

商業用または工業用の生産には、高出力のCO2レーザーカッターとファイバーレーザーカッターを選ぶべきである。

レーザー切断機のセットアップ

レーザー切断機

レーザー切断機は3つのステップでセットアップできます:

  • 開梱・組み立て
  • ソフトウェアのインストール
  • 校正とテスト

開梱・組み立て

  • 箱を開け、レーザー切断機の主要部分、レーザー管、冷却装置、制御画面など、すべての部品が揃っているか確認する。
  • すべての部品を取り出し、レーザー管やレンズなどの精密部品を傷つけないようにする。
  • 説明書に従って、すべての部品を一直線に取り付ける。まず、レーザーチューブを確実に固定する。
  • 冷却装置を取り付け,冷却水タンクとパイプの 間が正しく接続されていることを確認する。
  • 集光レンズと反射ミラーは、レーザービームの伝送と集光のために正しく設置されるように、封じ込めがないように設置する。

ソフトウェアのインストール:

  • レーザー切断機制御ソフトウェアのインストールプログラムは、サプライヤーから入手するか、公式ウェブサイトからダウンロードすることができます。
  • インストーラーを実行し、画面の指示に従ってソフトウェアをインストールします。オペレーティング・システムに互換性があることを確認してください。
  • インストールを完了し、毎日の使用に便利なデスクトップショートカットを作成します。
  • ソフトウェアを開き、インターフェイスと機能に慣れる。
  • パワー、スピード、周波数などのパラメーターを設定する。パラメータは、さまざまな種類の材料に応じて調整する必要があります。
レーザー切断機 ソフトウェア

校正とテスト:

  • レーザーの較正は、切断効率を確保するために不可欠なステップです。レーザーは切断面に合わせて調整する必要があります。
  • サンプルで性能をテストし、レーザービームが切断経路に沿って正確に移動することを確認する。
  • カッティング・トレイルを実施し、カッティング性能と効率を検査する。
  • レーザーの出力、スピード、焦点をテストに基づいて調整し、最良の結果を得る。
  • レーザーレンズと反射ミラーを定期的に清掃し、レンズを清潔に保ち、高い透過率を維持する。
  • 冷却システムをチェックし、音の冷却水サイクルを確認し、過熱レーザー管を避ける。

以上のステップを経て、初心者はレーザー切断機の選択、設定、使用に成功し、レーザー切断機を体験する旅に出ることができる。

レーザー切断パラメータ

レーザー切断の性能は、出力、速度、焦点距離、アライメントなど、多くのパラメーターによって決まる。パラメータを正しく設定することで、切断の品質と効率を大幅に向上させることができる。

  • 電源設定
  • スピード設定
  • 集中と調整
  • 素材適合性

電源設定

パワーとそれに対応する材料の厚さを示す表。

レーザーカッターのパワー適用材料切断厚さ
低出力設定(10W~100W)紙、薄いプラスチック薄い素材
中出力設定(100W~500W)木、アクリル中厚材
ハイパワー設定(500W~2000W)厚い素材、金属厚い素材
レーザーカッターのパワー

スピード設定

切削速度は、切削品質と効率に直接影響するもう一つの要因である。

スピード設定適用材料と切断品質メリットデメリット
低速設定厚い材料、高精度の切断レーザーが材料を貫通するのに十分な時間を確保するエッジが過熱して焦げる恐れがあります。
中速設定ほとんどの素材、通常のカッティング切削速度と品質をバランスさせ、ほとんどの用途に対応特筆すべき点はない。
高速設定薄い素材、高速切断生産効率の向上切削精度とエッジ品質に影響を与える可能性がある

集中と調整

焦点距離とアライメントは、切断精度に影響を与える主な要因である。

焦点距離の調整:焦点距離は、レーザービームが材料表面に焦点を合わせるように、材料の厚さに応じて調整する必要があります。適切な焦点距離は、切断効率と品質を向上させることができます。

レーザーアライメント:レーザービームを切断経路に合わせることで、オフセットやエラーを避けることができます。アライメントツールとテスト切断サンプルを使用して、レーザービームが正確にアライメントされていることを確認してください。

レーザー切断の焦点とアライメント

素材適合性

材料によってレーザー切断に対する反応は異なるため、材料の適合性を理解することは、適切な機械を選択するのに役立ちます。

素材適用レーザータイプカッティング・パワー切断速度ヒント
木材CO2レーザーカッターミディアムパワー中速焦げや変形を避けるため、木材の厚さに応じてパワーとスピードを調節する。
アクリルCO2レーザーカッターミディアムパワー中速低速に設定することで、より滑らかなエッジを得ることができるが、オーバーヒートを避けるために注意が必要である。
メタルファイバーレーザーカッター 高出力CO2レーザーカッターハイパワー低速レーザーの過熱や材料の変形を防ぐため、適切な冷却システムを使用してください。
生地CO2レーザーカッター低電力高速低出力を使用することで、焦げ付きを防ぎ、滑らかな刃先を確保することができる。

レーザー切断パラメータと材料の適合性を理解することで、ユーザーはレーザー切断手順を最適化し、切断品質と効率を向上させることができる。

木材、アクリル、金属、布地を問わず、適切なレーザー切断機の選択とパラメータの設定は、成功のための重要な要素です。

IV.初心者向けレーザー切断プロジェクト

レーザー切断プロジェクト

初心者にとって、レーザー切断機は、創造的なアイデアを探求し、達成するための素晴らしい機会を提供します。以下では、初心者が最初のレーザー切断作品を仕上げるための簡単なプロジェクトのアイデアと詳細なステップガイドを紹介します。

シンプルなプロジェクトのアイデア

  • カスタムキーホルダー
  • 名入れコースター
  • ウォールアート

カスタムキーホルダー

キーホルダーのカスタマイズは、シンプルだが面白いレーザー切断プロジェクトだ。製作工程はシンプルだが、実用的で個性的。ユニークなキーホルダーを作るために、木やアクリルなどさまざまな素材を選ぶことができる。

レーザー切断機は、あらゆる種類のパターンや形状を正確に切断することができ、あらゆるキーホルダーの特徴に耐えることができる。

名入れコースター

レーザー切断による名入れコースター

個性的なコースターを作るのも、初心者向けの簡単なプロジェクトだ。木やアクリルなどの一般的な素材はレーザー切断に適しています。

ウォールアート

装飾的なウォールアートプロジェクトに関しては、比較的複雑だが、大きな成功感をもたらすことができる。花や動物、幾何学模様など、あらゆるパターンをデザインし、レーザー切断機でカットすることができる。

木材とアクリルは、滑らかな刃先と正確なディテールを可能にする一般的な素材である。

ステップ・バイ・ステップ・プロジェクト・ガイド

  • プロジェクトの設計
  • 素材の準備
  • カットの実行
  • 仕上げ

ステップ1プロジェクトの設計

  • デザインソフトを選ぶAdobe Illustrator、CorelDRAW、Inkscapeは、レーザー切断機で必要とされるファイル形式のベクターグラフィックの作成と編集に役立ちます。
  • あなたのデザインを作成します:プロジェクトの要求に従って、ベクターグラフィックのデザインを作成します。裁断性能を落とさないよう、一本一本の線の鮮明さや複雑なパターンは避けるべきである。
  • ファイルを保存します:SVGやDXFなど、レーザーカッターでサポートされている形式でファイルを保存します。

ステップ2:材料の準備

  • 材料を選ぶ:プロジェクトの要求に応じて適切な素材を選ぶ。一般的には、木、アクリル、革、紙などの素材があります。
  • 材料を準備する:材料を作業台に固定し、切断中に動かないように平らに固定する。

ステップ3:カットの実行

  • カッティング・パラメーターの設定:材料の厚みや種類に応じて、出力、速度、焦点距離などのパラメーターを設定する。レーザー切断機の操作マニュアルには、これらのパラメータが記載されている。
  • デザインファイルのロード:デザインファイルをレーザー切断機の制御ソフトウェアにロードし、ファイルが正しく配置され、切断の準備ができていることを確認します。
  • 切断を開始します:レーザー切断機を運転し、切断コースを監視して、切断のスムーズな実行を保証する。何か問題があれば、機械を一時停止し、直ちに調整してください。

ステップ4:カットの仕上げ

  • ワークピースをきれいにする:切断が終わったら、材料を取り出し、刃先の跡をきれいにする。エッジを滑らかにするにはサンドペーパーなどを使用する。
  • 組み立てと装飾:キーホルダーやウォールアートなど、組み立てが必要な場合は、デザインに従って組み立てます。また、作品の美観を高めるために、必要に応じて色を塗ったりペイントしたりすることもできます。
  • 完成品をチェックする:最後に、出来上がった製品が期待通りかどうか、破損や損傷がないかどうかをチェックする。

上記のステップに従えば、初心者は初めてのレーザー切断プロジェクトを完成させることができる。マシンは強力なツールであるだけでなく、創造を活性化し、夢を実現する機会でもある。

製品ページ

V.結論

この記事は、レーザー切断分野のすべての初心者のためのものです。動作原理、種類、レーザー切断機プロジェクトのためのステップバイステップガイドの詳細な紹介は、あなたが魔法のマシンをより深く理解するのに役立ちます。

の世界へようこそ ADH工作機械のレーザー切断機!当社のレーザー切断機は、あらゆる切断の課題に難なく取り組むスーパーヒーローのようなものです。

金属板を切断する場合でも、チューブを切断する場合でも、以下のような当社の機械がお役に立ちます。 ファイバーレーザー切断機そのため、迅速かつ正確に仕事をこなすことができる。

もっと知りたいですか?私たちの 製品ページ 当社のレーザー切断機で、効率的な切断の新時代を切り開きましょう!

マシンをお探しですか?

板金加工機をお探しなら、このサイトをご覧ください!

お客様

以下の大手ブランドが当社のマシンを使用している。
お問い合わせ
お客様のシートメタル製品にどの機械が適しているかわからないですか?当社の知識豊富な営業チームが、お客様のニーズに最適なソリューションをご案内いたします。
専門家に聞く